民間救急事業

民間救急事業サービスとは?

民間救急サービスとは、国土交通省の免許・管轄する消防の認定を受け、緊急性のない傷病者を対象に搬送を行うサービスです。

民間救急は、緊急車両(救急車)ではありませんので、サイレンや赤色灯を使用しての優先走行はできません。

緊急の場合は、119番をご利用ください。

こんな時にご利用ください

  • 寝たままの状態で通院・転院・入退院をしたい時
  • 救急車を呼ぶほどではないがマイカーでの移動が心配な時
  • 点滴や酸素など医療処置を続けながら移動したい時 (医師または看護師の同行が必要です。弊社より看護師同乗の搬送も可能ですのでお問い合わせください)
  • 感染症患者の搬送
  • 病気やケガで病院へ行きたいが、移動が困難な時
  • 寝たままの状態で長距離移動したい時
  • 各種イベントの救護室として

医療搬送(民間救急)車輛について

装備品

吸引器/酸素ボンベ(1500/500)
携帯用酸素ボンベ(300)
生体モニター
パックラック
ネックガード
スクープストレッチャー
布タンカ
AED 搭載
消防認定に伴う器材(バックマスク他)

感染者搬送後の除染

感染者搬送後は、直ちに車内を除染します

除染の手順

  1. 車内を消毒剤を噴霧し拭き取り作業
  2. 除染に使用したウエス等を袋に入れる
  3. 防護服の着脱
  4. 脱いだ後全身消毒
  5. 防護服は袋に全部収める
  6. 帰庫後再度オゾン発生機を20〜30分かけ、換気
  7. 感染服等が入った袋を医療廃棄物専用の容器に破棄

民間救急 利用料金 運賃+介助料

医療搬送・夜間搬送20時以降

運賃

運輸局の認可運賃となっております。
車両が車庫から出発して搬送を終え、車庫に帰還するまでの料金となります。
※ご利用料金の距離及び時間で計算されます。

種別 内容 料金
初乗
運賃
最初の30分または走行7.5kmまで 3,270円
A 時間または走行120kmまで
30分または走行7.5kmを増すごとに
2,780円
B Aを超えて16時間または走行240kmまで
30分または走行7.5kmを増すごとに
2,480円
C Bを超えて24時間または走行360kmまで
30分または走行7.5kmを増すごとに
2,480円
D Cを超えて24時間または走行360kmを超えたとき
30分または走行7.5kmを増すごとに
2,200円
内容 料金(税込)
サポート料1回 1,100円
ストレッチャー 3,300円

医療搬送について

  • 酸素、点滴等の管理を必要とする方
  • 痰の吸引(気切を含む)
  • 人工呼吸器を使用している方など…

弊社所属の看護師が、搬送元のドクターの指示により処置を致します。

この場合、医師の指示書が必要になりますので事前にお問い合わせください。

介助料金

内容 料金(税込)
看護師 1時間 5,500円
※以降30分毎 2,750円

搬送乗務員、ヘルパー

内容 料金(税込)
1時間 3,300円/夜間帯時 4,400円
※以降30分毎 1,650円/夜間帯時 2,200円

※医療搬送、夜間帯搬送は原則2名で対応いたします
※夜間帯時は搬送乗務員、ヘルパーのみ対応。ただし、事前にご予約いただくものに関しては看護師の同乗も可能です
※その他 感染症患者搬送、資機材使用、高速道路料金、駐車料金など、使用状況により別途料金がかかります

Scroll to Top